【東洋医学】 梅雨の末端冷え性さん 【京都の鍼灸院】

2019/06/08 ブログ
ロゴ

そろそろ梅雨入りしそうですね。

公共の施設やお店などでも、クーラーがつき始めました。

京都さしもぐさでも「冬よりもツラい」と仰るお客様がいらっしゃるほど、外の暑さと屋内の気温差は、自律神経のバランスを崩しがち。

 

寝ても疲れが取れず、元気が出ない、だるい、重い、などなど、自律神経の乱れから来る体の不調は、自分ではどうにも出来ないですよね。

 

そんな方は、末端冷えに気がついておられますか?

冷えているつもりがないのに、足のくるぶしより先が、触ってみると冷たくないですか?

 

京都さしもぐさの おかま直伝ヨモギ蒸しでは、体の末端である足と体幹の末端である陰部を暖め、体の不調を取り除くことが出来ますよ。

 

ヨモギ蒸しをする前に「汗をかくのが嫌」と仰る方もいらっしゃいますが、

ヨモギ蒸しでかく汗は、サラッとしているので、

「体が軽い!」「汗をかくのが気持ちいい!」と言っていただいております。

 

ぜひ一度お試し下さい。